無垢フローリングの長所と短所|広島県広島市

無垢フローリングの長所と短所|広島県広島市

TEL050-5317-8935
受付:9:00~18:00 土日祝休

無垢フローリングの長所と短所

無垢フローリングと合板フローリングとの最大の違いは、無垢フローリングの方は材質が自然素材であるという点です。そのため、シックハウス対策などを考慮して、合板より値段が高くても無垢フローリングを選ぶ住宅が多くなっています。しかし、無垢フローリングにはメリットばかりでなくデメリットもあります。フローリングリフォームは、一度行ってしまうと簡単にやり直せるリフォームではありません。ですから、フローリングを選ぶ場合は、長所だけでなく短所もきちんと理解しておくことが大切です。

無垢フローリングのメリット

天然素材で作られた無垢フローリングは、合板には無い魅力があります。木の持つ独特の味わいや香りなどが楽しめ、木の質感や自然の温かみを肌で感じられるような、居心地の良い空間を演出してくれるのが大きな魅力です。また、床に高級感や贅沢感を出したい場合も無垢材がお勧めです。無垢材にはそれぞれに個性があり、木目や色合いなどの違いが楽しめるのも魅力のひとつです。また、年月が経つにつれて木の色が変化してきたり、湿度によって収縮や隙間が生じたりすることも、無垢材ならではの味わいです。また、天然素材を使用しているため、シックハウスなどのアレルギー対策にも有効とされています。

無垢フローリングの場合、見た目の美しさや触感を維持するためにはメンテナンスが必要となってきます。メンテナンスに手間をかけたくない場合は合板フローリングの方が良いでしょう。しかし、無垢材がもたらしてくれる健康に優しい環境や自然の温もりは、合板では味わえないものです。

無垢フローリングのデメリット

無垢材の最大のデメリットは、反りや割れ、収縮などが発生しやすいという点です。材質によっては傷が付きやすいものもあり、定期的なメンテナンスが欠かせなくなります。一方、合板フローリングの場合は、機能的にもバリエーションが豊富で、耐久性や耐水性に優れたものから、メンテナンスしやすいもの、そして無垢材風に加工出来るものまで幅広くあります。また、集合住宅などでは、遮音性を高めるためにマットを貼り付けたタイプが使われることも多くなっています。しかし、合板には無垢材のような味わいや温かみが無い上、化学物質を含んだ接着剤が使用されていることもあるため、健康面でのデメリットもあります。

無垢フローリングのデメリットとして、費用が高いことも挙げられます。やはり自然素材である分、合板よりも価格が高く、フローリング全体に無垢材を使用すればかなりの金額になります。ですから、リフォームで失敗しないように、無垢材の短所や注意点をしっかりと抑えておく必要があります。無垢材には、ナラやブナ、パイン、メープル、スギ、ヒバなどが多く使われています。樹種や産地などによって色味や風合いも違ってきますので、部屋のイメージに合ったものを選ぶのがポイントです。また、イメージだけでなく、反りや割れに強いか、傷が付きにくいかといった、材質の特徴を把握しておくことも大切です。

せっかく自然素材を使うのですから、素材の良さを活かした仕上げでなければ意味がありません。塗装が厚くなると調湿効果が低下してしまうため、出来るだけ無塗装にするか、塗装する場合は天然塗料の使用がお勧めです。また、日頃のお手入れには、天然ワックスの使用が望ましいです。

無垢フローリングは価格が高い上、施工時間も長くなってしまいますので、失敗の許されないリフォームだと言えます。価格や手間などのデメリットもよく考慮した上で、慎重に選ばれることをお勧めします。

↑ PAGE TOP